メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

お笑いタレント・ダンディ坂野さん ゲッツ!一筋四半世紀、苦悩越えこれからも

「一発屋って言われているうちが花かな」=東京都新宿区で、手塚耕一郎撮影

 「一発屋」なんて呼ばれるが、実はさまざまな舞台で活躍を続ける息の長い芸人である。最近は東京メトロのCMで話題になった。ラッシュ時の出勤や通学を避けようと呼びかける内容で、キャッチコピーは「ピークを知る男」。すました顔のポスターに思わず「プッ」と噴き出した人もいたことだろう。

 おなじみの決めポーズ「ゲッツ!」は元々、「ゲット・アンド・ウォント」というフレーズだった。米国のコメディーショーの司会者を気取った漫談をする中で、人の心をつかむというつもりで使っていた。ところが「僕って、声が低いうえに、滑舌が悪い。楽屋で耳を傾けていた仲間が『ゲッツ』に聞こえるって笑うんですよ。たくさんの人の心をゲットしたいし、それなら“複数形”にして『ゲッツ』でもいいかなって」

 もちろん、知り合いの外国人からは「動詞の『ゲット』に複数形はない」とバッサリ言われた。だが、面白がって使っていくうち、周囲をわかす個性的なギャグに化けていった。「お笑いって正解がないんですよ。僕は100人のうち1人でも笑ってくれれば、それでいいかなと思うんです。だから自分が面白いと感じたものをやり続けてきただけで……」

この記事は有料記事です。

残り1197文字(全文1688文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実の娘に性的暴行 差し戻し審も父に実刑判決 福島地裁

  2. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  3. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  4. 全米ライフル協会が破産申請 批判多いNY脱出、テキサス州で再編成へ

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです