メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場の声、拾って走る 関西ラグビー協会新会長・萩本光威さん 豊富な指導経験「生かしたい」

インタビューに答える関西ラグビーフットボール協会の萩本光威会長=大阪市北区で2020年4月22日、菱田諭士撮影

 関西ラグビー協会の新会長に今年4月、元日本代表監督の萩本光威さん(61)が就任した。男女の代表チームやトップリーグなど国内外で豊富な指導歴を誇り、熟知する現場の声を組織運営にどう反映させていくのか。トップとしての手腕が期待される萩本さんに課題や展望を聞いた。

 ――日本人で初めて国際統括団体「ワールドラグビー」の殿堂入りし、世界的に知られた坂田好弘前会長の後任を引き受けた思いは。

 ◆私は「現場の人間」で、チーム運営などに携わった経験はないので不安もあった。ただ、世代や男女を問わずラグビーを見てきたので、その経験を生かすしかない。

この記事は有料記事です。

残り1306文字(全文1573文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. ドコモ、携帯料金を値下げへ 主力ブランドで大手初、「格安」も新設

  3. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  4. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  5. 宿泊療養39人分の個人情報流出 山口県 メール誤送信、あて先不明 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです