メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 休校続く中、絆深める 塾がオンライン朝の会 南魚沼 /新潟

描いたこいのぼりを画面に示す参加者=新潟県南魚沼市六日町の共立観光六日町支店で

 新型コロナウイルスの拡大防止を受け、学校の休校が続く中、南魚沼市の愛・南魚沼みらい塾が「オンライン朝の会」を続けている。「こどもの日」の5日には、趣向を凝らした内容を用意して子供たちにプレゼント、画面を通じて笑顔が並んだ。

 長らく休校が続き、生活にメリハリがなくなってしまったという声を聞き、「休校でもつながりを止めるな」を合言葉に4月28日から始めた。同塾の会員や、活動に賛同した大学生らがスタッフを務める。当初、数人だった参加者は徐々に増え、今は20人以上になった。

 午前8時半の開始時間には、画面上に児童・生徒、スタッフの顔が並ぶ。まずピアノの生演奏に合わせて全員でラジオ体操。その後、小学生、中学生、高校生のグループに分かれ、前日に出た宿題を発表したり、その日の課題に沿って意見を出したりする。スタッフの一人で埼玉県越谷市の大学4年生、対比地(ついひじ)彩音さん(21)は「自分自身、大学が休校になってから昼夜逆転生活になり、精神的に不安定な状態になった。朝起き…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文767文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  2. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  3. まるで浦島太郎…「なぜマスク姿なの?」 3カ月間の昏睡から目覚めたロシアの男性

  4. どう防ぐ ベビーシッターによる性犯罪 「見抜けなかった…」絶句する母

  5. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです