メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生乳と藻塩のチーズ商品化 宅配などで販売、焼き菓子も 淡路島牛乳 /兵庫

ひょうたんのような形が特徴のカチョカヴァロ。冷蔵庫につるして熟成させる=淡路島牛乳提供

 南あわじ市の乳業メーカー「淡路島牛乳」は、淡路島産の生乳を使ったチーズの新製品「淡路島カチョカヴァロ」と、チーズ作りの副産物ホエイ(乳清)を利用した焼き菓子「淡路島フリアン」を発売した。島内の直売所で販売するほか、宅配での注文にも応じる。

 120年の酪農の歴史を持つ同社は、「長年の夢だった」というモッツァレラチーズの製造販売を2019年夏に開始。2作目となる今回のカチョカヴァロは、ひょうたんのような形が特徴で、材料は淡路島産の生乳と藻塩のみ。スライスしてフライパンで表面をパリッと焼いて食べると、中のもっちり感と生乳のうまみが際立つという。イタリア語でカチョはチーズ、カヴァロは馬を意味する。約2週間、冷蔵庫にぶら下げて熟成させる様子が、馬のくらの左右に袋の荷物を下げて運ぶ姿に似ていることから、そう呼ばれる。

 一方、焼き菓子のフリアンは、チーズを作る際に出る水溶液ホエイを無駄なく利用しようという試みから誕生した。チーズ作りの過程で、生乳は固形物のチーズと液体のホエイに分離する。ホエイはたんぱく質やカルシウムを含み栄養価が高いことから、同社では、捨てずに利用する道を模索。市内の障害者福祉施設「ウインズ」の菓子工房と共同開発を進めた。小麦粉、卵白、バターなどを使う焼き菓子フリアンに入れると、しっとりした食…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文903文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  3. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  4. 北九州の新型コロナ新たに5人感染 14日連続で累計135人に

  5. 横田滋さん死去 87歳 北朝鮮拉致被害者・めぐみさんの父 家族会元代表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです