メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春の院展で最高の「郁夫賞」受賞 川﨑さん「国来、国来」 益田市、文化顕彰きょう贈呈 /島根

 ◆「国来(くにこ)、国来」

 益田市出身の日本画家で東京芸術大非常勤講師の川﨑麻央さん(32)=東京都=が3月、日本画公募展の最高峰の一つ、「第75回春の院展」で最優秀の「春季展賞(郁夫賞)」に輝いた。益田市は受賞をたたえて8日、川﨑さんに市スポーツ・文化顕彰を贈る。

 川﨑さんは県立益田高卒で東京芸術大と同大学院で学んだ。2016年からは古里の伝統芸能の石見神楽や神話をテーマとし、院展で奨励賞を2度受賞。今回は「出雲国風土記」(733年)の冒頭にある「国引き神話」から着想した「国来(くに…

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文616文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 横浜・野毛の象徴 樹木希林さん実家の居酒屋「叶家」が27日に閉店

  2. ORICON NEWS 渡部建のラジオ『GOLD RUSH』8年の歴史に幕 現役大学生・長谷川ミラの新番組スタート

  3. 自民・杉田議員「女性はいくらでもうそ」 性犯罪に関し党会議で発言 記者団には否定

  4. 仏シャルリーエブド旧本社前で2人刺され1人重傷 15年のテロ事件現場

  5. ファーウェイ大型施設で大規模火災 中国・広東省 スマホ事業への影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです