メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ アマビエが和菓子に 疫病退散願い込め 岡山の「御菓子処 清風庵」、SNSで人気沸騰中 /岡山

江戸時代の妖怪「アマビエ」を模した練り切り=岡山市北区下伊福で、戸田紗友莉撮影

 新型コロナウイルス感染の終息を願い、岡山市の和菓子店「御菓子処 清風庵」(北区下伊福)が疫病退散に御利益があるとされる妖怪「アマビエ」を模した和菓子の販売を始め、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上で「かわいい」と人気を博している。【戸田紗友莉】

 アマビエは江戸時代に肥後地方(現在の熊本県)によく現れたとされる半人半魚の妖怪で、出会った人々に「疫病が流行したら私の写し絵を人々に見せなさい」と告げたとされる。今回のウイルス感染拡大を受けて、SNS上を中心にアマビエをイメージした絵や画像が出回っているほか、キャラクター化した商品を出す企業が相次いでいる。

 考案した清風庵の清水努専務は4月14日、東京にいる次男から「アマビエの和菓子を作ってみたら」とのメッセージを受けて翌日に試作。16日には販売を開始した。「明るい話題を提供したい」と色はパステルカラーで、髪は半魚のイメージから水色を、体はピンク、くちばしを黄色に色づけした。中身は白あんで、知り合いの神社で祈とうした塩が混ぜ込まれている。清水さんは「見ても食べても終息祈願になる」と話す。

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文831文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. 決勝はホンダvsNTT東日本 ともに3回目の優勝目指し、3日対戦 都市対抗

  4. セガサミー「助っ人ルーキー」大内が躍動、充実感も 「来年は自チームで」 都市対抗

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです