メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ アマビエが和菓子に 疫病退散願い込め 岡山の「御菓子処 清風庵」、SNSで人気沸騰中 /岡山

江戸時代の妖怪「アマビエ」を模した練り切り=岡山市北区下伊福で、戸田紗友莉撮影

 新型コロナウイルス感染の終息を願い、岡山市の和菓子店「御菓子処 清風庵」(北区下伊福)が疫病退散に御利益があるとされる妖怪「アマビエ」を模した和菓子の販売を始め、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上で「かわいい」と人気を博している。【戸田紗友莉】

 アマビエは江戸時代に肥後地方(現在の熊本県)によく現れたとされる半人半魚の妖怪で、出会った人々に「疫病が流行したら私の写し絵を人々に見せなさい」と告げたとされる。今回のウイルス感染拡大を受けて、SNS上を中心にアマビエをイメージした絵や画像が出回っているほか、キャラクター化した商品を出す企業が相次いでいる。

 考案した清風庵の清水努専務は4月14日、東京にいる次男から「アマビエの和菓子を作ってみたら」とのメッセージを受けて翌日に試作。16日には販売を開始した。「明るい話題を提供したい」と色はパステルカラーで、髪は半魚のイメージから水色を、体はピンク、くちばしを黄色に色づけした。中身は白あんで、知り合いの神社で祈とうした塩が混ぜ込まれている。清水さんは「見ても食べても終息祈願になる」と話す。

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文831文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  2. フジテレビ、「テラスハウス」打ち切り 木村花さん急死で

  3. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです