メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

大作曲家のV字回復=小倉孝保

 <kin-gon>

 日本人は、「ダダダダーン」や「ジャジャジャジャーン」と表現する。欧米では、「ダダダダアアア」や「タンタンタンタン」とすることが多い。18世紀のドイツ人作曲家、ベートーベンの交響曲第5番の冒頭部分(運命のモチーフ)である。

 第二次世界大戦中、英BBCは欧州向けラジオでこの「運命のモチーフ」を繰り返し流した。リズムがモールス符号の「V(ト・ト・ト・ツー)」と同じことから、勝利や自由を表す「V」をこのフレーズに乗せて送ったのだ。

 ナチス・ドイツがポーランドに侵攻し、第二次大戦が始まったのが1939年9月。ナチスは進撃を続け、ベルギーやオランダ、フランスもナチスの手に落ちる。ロンドンに拠点を置いたベルギー亡命政権のラブレー元司法相は41年1月14日、BBCのベルギー向け放送でナチスへの抵抗を示すため「V」を使うよう呼びかけた。ベルギーの公用語であるフランス語、オランダ(フラマン)語でそれぞれ「勝利」と「自由」を表す言葉の頭…

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文1026文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  4. 「桜を見る会」招待者内訳の調査記録作成せず 菅氏「対象者少数だったので」

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです