メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

崩れる医療・新型コロナ

がん患者、焦りと恐怖 手術は延期 通院には感染リスク

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、各地の病院で手術や化学療法などがんの診療を制限するケースが出てきている。感染者の診療に人手を割かれていることなどが背景にあるが、患者からは、治療の遅れによる悪影響を懸念する悲痛な声が上がっている。

 「院内で新型コロナウイルス感染者が見つかったため、手術ができなくなりました」。東京都内の30代女性は、乳がんの手術を3日後に控えた4月下旬、入院直前の診察で主治医にこう告げられた。目の前が真っ暗になった。

 昨年7月に進行性の乳がんと診断され、吐き気や脱毛などの副作用に苦しみながら、抗がん剤治療を半年以上続けてきた。ようやく手術の日程が決まり、前向きな気持ちになれた直後だった。「他の患者も同じ状況なんだから」。自分に言い聞かせ、主治医の言葉を受け入れるしかなかった。

この記事は有料記事です。

残り3009文字(全文3361文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 終活ナビ 年金受給75歳まで繰り下げがいい?

  4. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  5. 新型コロナ 福島・天栄村で「10万円」二重交付

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです