メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

デジタル通貨の行方

 米フェイスブック(FB)がデジタル通貨「リブラ」発行を計画している。各国当局の反発が大きく、発行時期はずれ込んでいるが、米国と世界の覇権を争う中国もデジタル人民元の計画を加速。日銀や欧州でもデジタル通貨の研究が本格化してきた。後押しするのが新型コロナウイルスの感染拡大という。「お金」はどう変わるか。

 2019年6月に米フェイスブック(FB)が発表したデジタル通貨「リブラ」の発行計画は、各国の金融規制当局や中央銀行にとって、法定通貨(現金)とデジタル通貨が競争する時代が迫っていることへの警鐘になった。

この記事は有料記事です。

残り3689文字(全文3942文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  4. 具志堅会長のジム閉鎖へ 「情熱持って指導するには難しい年齢になった」

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです