メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 「37.5度4日以上」→「高熱感じたら」 PCR、目安見直しへ

 厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症の「相談・受診の目安」を見直し、これまで示してきた「37・5度以上の熱が4日以上」などの基準を変更する。具体的な体温にこだわらず、「高熱」が出たと感じた場合などの相談を促す。厚労省が専門家に聞き取りし、近く公表する。

 相談・受診の目安は、厚労省が2月17日に初めて公表。37・5度以上の熱が4日以上続くか、強いだるさや息苦しさなどがあれば、各地の「帰国者・接触者相談センター」への相談を通じた専門外来の受診を呼びかけてきた。

 一方、目安はPCR検査(遺伝子検査)の前提とされ、基準に満たない人が検査を受けられないケースが続出。軽症患者の病状が悪化して死亡する事案も起き、政府の専門家などから見直しを求める声が上がっていた。

この記事は有料記事です。

残り775文字(全文1106文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 大村知事「東京、大阪は医療崩壊」 吉村知事「根拠が不明」 会見、ツイートで応酬

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです