メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リュウグウ「日焼け」してた 30万年以上前、太陽に大接近か JAXA、東京大など

 探査機「はやぶさ2」が岩石の採取に成功したとみられる小惑星リュウグウは、太陽に近付いて「日焼け」した過去があるとの分析結果を、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と東京大の諸田智克准教授らの研究チームがまとめた。論文が8日付の米科学誌サイエンスに掲載される。

 はやぶさ2がリュウグウの上空から太陽光の反射具合を観測したところ、表面の物質が赤黒っぽい色に変質した場所が広く分布していると判明。一方、比較的最近にできたクレーターの表面は変質していないことなどから、リュウグウは過去の短…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文598文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 持続化給付金の差し押さえ認めず 「事業継続支えるのが目的」 神戸地裁伊丹支部

  3. 企業の従業員向けバスを「市民の足」に 実証実験スタート 静岡・湖西

  4. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  5. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです