特集

デジタル毎日イベント

毎日新聞では取材の過程をオープンにしていき、記者と読者が新しい信頼関係を構築していく実践の場としてオンラインでのイベントを実施しています。2020年1月に「桜を見る会」の疑惑に迫った記者たちのトークイベントを渋谷のブックカフェで開催。5月からはコロナのためオンラインでの開催となり、5月~2021年1月の間に11回開催。

特集一覧

デジタル毎日イベント

未曽有のコロナ禍に政治はどう向き合っているのか〜政治部記者が最前線を語る!5月20日にオンラインLIVE開催(チケットは完売しました)

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 毎日新聞は、ニュースサイト「デジタル毎日」の会員を対象に、永田町の最前線で安倍政権に迫る政治部記者との交流イベントを5月20日午後7時からオンラインで開きます。デジタル毎日にログインしてお申し込みください。(2020年5月13日チケットは完売しました)

 アベノマスクや10万円一律給付など、後手に回ったとされる新型コロナウイルス対策について、安倍政権はどのように向き合い、どう判断し実行してきたのか。そして、今後社会が変容していく中、政治はどこへ向かうのか。永田町の最前線に身を置く政治部の記者たちが、取材の裏側を語ります。読者の皆さんも、改めて政治記者の役割や、新聞記者に期待したいことを一緒に考えてみませんか。司会は、毎日新聞政治プレミアでモデレーターを務める社会学者の西田亮介さんです。

 オンライン会議システム「zoom」を利用した開催ですので、ご自宅などで飲みながら、食べながら、リラックスしてお楽しみください。お申し込み時や当日チャットなどでいただいたご質問にもできる限りお答えします。先着30名限定のイベントですので、お早めにお申し込みください。

<イベント内容>

*政治部の取材体制、取り組み

*YouTuber記者の裏側話します

*後手後手の経済支援策なのはなぜ?

*首相記者会見は届いているか

*新型インフルエンザ等対策特別措置法とメディア

<登壇者>

・高塚保(政治部長)

・宮原健太(政治部記者、YouTuber記者)

・竹地広憲(政治部記者、新型コロナ取材担当班)

<司会>

・西田亮介(社会学者、東京工業大学准教授)

 ◆ ◆ ◆

【日時】2020年5月20日(水)19:00〜20:30ごろ(18:30入室開始)

【会場】オンライン会議システム「zoom」での開催です。

お申し込みの方には当日までにURLをメールでお知らせします。

【対象】デジタル毎日スタンダード会員、プレミアム会員、宅配購読者無料会員、宅配購読者プレミアム会員限定

【定員】30名(先着順)

【参加費】1,000円(税別)

【締切】2020年5月18日(※…

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文1355文字)

あわせて読みたい

注目の特集