メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中小企業への「持続化給付金」支給始まる 初日で2万件超、280億円

梶山弘志経産相=松本尚也撮影

 政府が新型コロナウイルスの影響で収入が半減した中堅・中小企業に最大200万円を手当てする「持続化給付金」の支給が8日、始まった。梶山弘志経済産業相は閣議後の記者会見で、個人事業主への最大100万円の給付金も含めて同日中に約2万3000件、約280億円を支給する見通しを表明。事業や業務を断念する企業が増えないよう当面の資金繰りを支える。

 経産省は1日から申請を受け付けており、申請件数は7日時点で約50万件に上っているという。梶山氏は「苦しい経営状況に直面している事業者の皆さまに一日でも早い振り込みができるよう全力を尽くしたい」と述べ、申請から2週間程度での支給を目指す考えを強調した。

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文571文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  3. 北九州の新型コロナ新たに5人感染 14日連続で累計135人に

  4. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  5. 横田滋さん死去 87歳 北朝鮮拉致被害者・めぐみさんの父 家族会元代表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです