特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

ホテル姫路プラザ5月31日に閉館 感染拡大で宿泊客減 41年間の営業に幕

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
5月末で営業を終えるホテル姫路プラザ=兵庫県姫路市豊沢町で2020年5月8日午後3時24分、幸長由子撮影
5月末で営業を終えるホテル姫路プラザ=兵庫県姫路市豊沢町で2020年5月8日午後3時24分、幸長由子撮影

 JR姫路駅南側のホテル姫路プラザ(兵庫県姫路市豊沢町)が31日、41年間の営業に幕を下ろす。新型コロナウイルス感染拡大で、宿泊客が大幅に減少。業績回復の長期化が予想されることから、閉館を決めた。岩元義久社長は「従業員の退職金支払いなどを考慮し、余力のあるうちに決断した。姫路の観光のために工夫を重ねてきたので悔しいが、最善の策だ」と説明している。

 1979年開業。旅行会社に姫路と市周辺の観光モデルを提案し、バスツアーなどの団体客を誘致してきた。また、低価格で昼食、夕食提供も可能なため、遠征で利用する体育会系学生らの支持も集めた。一方、近年は周辺でビジネスホテルの開業が相次ぎ、競争が激化。今年になってからは、市内企業の協力を得て経営改善に取り組んでいた。

この記事は有料記事です。

残り145文字(全文475文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集