特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

名古屋駅周辺、GW中の人出が6~8割減 新型コロナで「意識と行動に変化」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大型連休が明け、マスクを着けて通勤する人たち=名古屋市中村区で2020年5月7日午前8時13分、兵藤公治撮影
大型連休が明け、マスクを着けて通勤する人たち=名古屋市中村区で2020年5月7日午前8時13分、兵藤公治撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が続く中での大型連休(GW)が明けた7日、JR名古屋駅前では、例年より人出は少ないもののマスク姿の人たちの出勤風景が見られた。一方、GW中の同駅周辺の人出は感染拡大前に比べて大幅に減少。愛知県内の新規感染者の増加スピードも鈍化傾向にあり、専門家は「県民の行動の変化が効果として出ている」としている。

 不要不急の外出自粛を呼びかけている政府は「人と人の接触機会8割削減」を目標に掲げる。携帯電話の位置情報などを基にNTTドコモが分析した「モバイル空間統計」によると、GW期間の4月25日~5月6日の各日の名古屋駅周辺の人出は、感染拡大前(1月18日~2月14日の休日または平日の平均値)に比べて63~82%減少。特に5月3~5日は連日、8割以上減少した。

この記事は有料記事です。

残り539文字(全文889文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集