特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「新しい仲間と切磋琢磨を」 福井で県立高校入学式 生徒のみ、時間短縮

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
人の間隔を空け、出席者を入学生と教職員に限定するなど新型コロナ対策を講じて開かれた入学式=福井市御幸2の高志高体育館で2020年5月7日午後2時1分、大原翔撮影
人の間隔を空け、出席者を入学生と教職員に限定するなど新型コロナ対策を講じて開かれた入学式=福井市御幸2の高志高体育館で2020年5月7日午後2時1分、大原翔撮影

 福井県内の県立高校23校で7日、新型コロナウイルス感染拡大を受けて延期されていた入学式が開かれた。このうち高志高校(福井市)では7クラス約250人が入学式に参加。出席者はマスクを着用し間隔を1・5メートルほど空けるなどの対策を講じた。吉田繁校長は新入生に向けて「入学おめでとう。皆さんを育ててくれた方々への感謝と今日の感激を忘れず3年を過ごしてほしい」と激励した。

 入学生以外の出席者は教職員約30人のみで、保護者や在校生は出席しなかった。また開催時間を例年の約50分から約20分に短縮し、吹奏楽部の演奏やPTA会長のあいさつなど一部の予定を中止。式の後には、同高の保健部長が毎朝の検温や体調不良時の登校自粛などを呼びかけるなど、感染拡大防止を徹底した。

この記事は有料記事です。

残り193文字(全文521文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集