メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

観光地の人出データ 内閣官房HPから「別府駅」削除 住宅密集、自粛で人口密度増

JR別府駅=大島透撮影

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的として、内閣官房が公表した主要観光地の人出データで、JR別府駅の人出が感染拡大前より増えたとされ、大分県別府市が「調査結果は実態とかけ離れている」と抗議した問題で、内閣官房は同駅を観測地点から除外した。

 7日の記者会見で市側は「住宅が密集する別府駅周辺は『ステイホーム』という国の呼びかけに応じれば人口密度は上がる地域。そもそも観光客の人出を調べる地点として適切だったのか」と国の調査を疑問視した。

 公表された数値は内閣官房がKDDI(au)の位置情報を基に、感染拡大前と後の全国の主要観光地の人出を比較したものだった。【大島透】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. コロナで経済苦の女性狙う キャバクラに勧誘容疑で少年逮捕 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです