メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ最前線~特派員レポート<欧州・ロシア>

長引く制限、不十分な経済支援、抗議活動も起きるロシア プーチン政権も難しいかじ取り

 ロシアで新型コロナウイルスの感染が急拡大している。国民に自宅待機を求める「非労働日」が1カ月以上続いているが、収束の兆しは見えない。5月に入り、1日の感染者数は1万人を超え、感染者総数は同7日時点で17万人に達した。

 普段は、国内外の観光客でにぎわうモスクワ中心部の「赤の広場」も人影はまばらだ。バレエの殿堂「ボリショイ劇場」も3月から閉鎖されている。

 モスクワでは、4月15日から電子申請による外出許可証の携帯が義務づけられており、通りでは警察官が職務質問する姿も見られる。外出制限の違反者が罰金を取られる事例も相次いでいる。

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文570文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「私が背中向けた段階で言わないで」安倍前首相、「桜」質問にいら立ち

  2. 秋田で投函されたLGBT差別あおるビラ 誇張し偏見 問題の背景は?

  3. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  4. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  5. ファクトチェック 「CNNがトランプが勝ってしまうと放送」 日本語版ツイッターで拡散されている情報は「不正確」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです