メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

妖怪「アマビエ」京都のショーウインドーに出現 陶芸や絵など日替わり展示

熊本県から参加の高場英二さんの陶作品。左は香炉になっている=京都市中京区で2020年5月7日午後2時7分、南陽子撮影

[PR]

 疫病を鎮めるとされる妖怪「アマビエ」をモチーフにした作品展「街角の、小さなアマビエ展」を、京都・河原町三条の「アートギャラリー北野」が開いている。全国の12人の作家が絵画や立体作品など計25点を出品。ギャラリーは府の休業要請に応じて閉廊しているが、三条通に面したショーウインドーに作品を毎日替えて飾っている。店主の北野弓弦(ゆずる)さん(43)は「ひととき足を止めて楽しんでもらえたら」と願う。31日まで。

展示された(左から)日本画家の武田修二郎さんと、ベリーマキコさんの作品=京都市中京区で2020年5月7日午後2時6分、南陽子撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などで話題となったアマビエ。つぶらな瞳にくちばし、長い髪の毛、うろこに覆われた魚のような胴体が特徴だ。江戸末期の瓦版に、肥後国(現熊本県)の海に現れて今後6年の豊作を伝えた上で「病気がはやったら、私の姿を写して人々に見せよ」と言って消えたと記されている。

アートギャラリー北野の北野弓弦さんと「アマビエ」展を開催中のショーウインドー=京都市中京区で2020年5月7日午後2時15分、南陽子撮影

 ギャラリーを運営する北野さんが作品展のアイデアを投げ掛けたのは、人通りが目に見えて減り、予定していた展覧会も次々とキャンセルとなっていた4月2日。「自粛は重要だが、思考停止するのは怖い。自分ができることをやりたい」とフェイスブックに「アマビエ展をやりたい」と投稿すると、熊本県の造形作家からたちまち賛同の声が上がった。

秋田県から参加した真坂歩さんの「アマビエ」人形=京都市中京区で2020年5月7日午後2時4分、南陽子撮影

 絵画4点が集まったところで、作品展は同15日からスタート。ショーウインドーで足を止めた人と作家をつなぎたいと、キャプションの一つ一つにQRコードを添え、略歴や過去の作品画像を紹介したホームページにアクセスできるようにした。

 府内からは日本画家の武田修二郎さん、切り絵作家の望月めぐみさんら5人が出展。熊本のほか、山口や秋田の作家からも作品が送られてきた。墨、岩絵の具、アクリル絵の具、樹脂粘土、陶土と素材さまざまに、作家それぞれがアマビエを創造し直している。

 感染拡大で作家たちも作品を披露し、収入を得る機会を失っている。そのため、これまでギャラリーを借りて作品を発表してくれた作家に恩を返せたらとも考えた。北野さんは「今この時代のアマビエが、また100年後や200年後に伝われば」と想像を巡らしている。【南陽子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  3. 北九州の新型コロナ新たに5人感染 14日連続で累計135人に

  4. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  5. 横田滋さん死去 87歳 北朝鮮拉致被害者・めぐみさんの父 家族会元代表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです