メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「軌道星隊シゴセンジャー」参上 動画で学ぶ天文学 明石の天文科学館が配信

シゴセンジャーブルーによる体操教室もある動画「おうちで天文科学館」=2020年5月7日(明石市立天文科学館提供)

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、休館が続く兵庫県明石市の市立天文科学館が、動画「おうちで天文科学館」を配信している。人気キャラクター「軌道星隊シゴセンジャー」が登場し、家でも星座や天文現象に親しんでもらおうと趣向を凝らし、ユーチューブで発信している。新作が随時追加され、9日には4作目が公開予定。

 館内の展示物を活用して宇宙や天文現象を紹介する「こども天文教室」や星座にちなんだ紙芝居で学べる。塔時計型の変形ロボット「シゴセンオー」による手洗いの勧めのほか、シゴセンジャーの敵役「ブラック星博士」が寒い駄じゃれを連発するクイズもある。

この記事は有料記事です。

残り115文字(全文386文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 営業時間命令違反で過料、入院拒否には刑事罰 自民が特措法改正案など了承

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  5. 「日本政府は中国と同じことを頼む」 ニューヨーク・タイムズ前支局長が内実を暴露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです