特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

石川・志賀町が職員の給与カットし町民に2万円給付 「難局に身を削る」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
町職員の給与カットの条例案を採決する議員ら(新型コロナウイルス対策で町役場内に設置されたテレビ中継映像から)=石川県志賀町で2020年5月8日午前10時43分、阿部弘賢撮影
町職員の給与カットの条例案を採決する議員ら(新型コロナウイルス対策で町役場内に設置されたテレビ中継映像から)=石川県志賀町で2020年5月8日午前10時43分、阿部弘賢撮影

 石川県志賀町は8日、医療職を除く全ての特別職や職員の給与を5~20%カットし、新型コロナウイルス対策として政府が一律給付する10万円に加え、町独自に1人あたり2万円を上乗せする関連条例案を町議会に提出し、可決された。小泉勝町長は議案説明で「緊急事態においては公務員であっても身を削り、難局を乗り切る必要がある」と理由を述べた。

 町によると、給付対象は全町民約1万9800人で、上乗せに必要な財源は約4億円。6月から2021年3月まで小泉町長が給与の20%、副町長らが10%、約260人の職員が5%をそれぞれカットし、不足分は財政調整基金から繰り入れる。職員1人あたりでは月額約1万5000円、総額で約15万円の減額になる見込みという。5月下旬から順次給付される予定。

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文879文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集