メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

視覚障害者の感染不安 小咄動画に解決アイデア 「私を検査に連れてって」

ガイドする人との間に距離を取るための工夫を提案する桂福点さん(右)=福点さん制作の動画より

 全盲の落語家、桂福点さん(52)=大阪市=が、視覚障害者の直面する新型コロナウイルス感染への不安と解決のアイデアを小咄(こばなし)でユーモラスに伝える動画に仕立てた。タイトルは「私を検査に連れてって」。インターネットで2本の動画を公開し注目されている。

 視覚障害者にとって「手が目です」と福点さん。一人で出かけるには壁や手すりを頼り、買い物も品物を触って確認する。感染の不安は大きい。援護者のひじに触れて一緒に歩くのも、感染リスクを伴う。同行を断られた人もいると聞いて一案、新聞紙を丸めて2本の棒を作り「電車ごっこ」にすれば安全だ――。行動…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 世界のコロナ感染者1億人超え 収束見通し不明、2カ月半で倍増

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです