メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「富山県公認」 学生が作った新型コロナまとめサイト好評 県のデータ活用

富山県公認の新型コロナウイルスまとめサイトを開設した寺田一世さん=富山市で2020年4月28日午前10時22分、高良駿輔撮影

 富山県内の新型コロナウイルス感染に関する情報を分かりやすく提供しようと、富山市出身でITエンジニアを目指す東洋大情報連携学部3年、寺田一世さん(20)がまとめサイト「新型コロナウイルス感染症対策サイト(富山県公認)」を公開している。県の新型コロナ対策本部と連携して充実したコンテンツをそろえ、1日最大約1万5000人が閲覧するほどだ。

 サイトは寺田さんを中心に5人のエンジニアらが運営。県が日々公表するオープンデータを活用し、感染者数や患者の年代、性別やPCR検査の実施件数などを公開している。年代別の感染者数や帰国者・接触者相談センターへの相談件数などは数字を棒グラフ化し、内訳や増減を一目で分かりやすいように工夫。英語や中国語など多言語にも対応した。

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文639文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 新型コロナ 京都の保育士ら、新たに27人感染 府内903人に /京都

  3. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  4. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  5. 大阪・吉村知事のうがい薬使用呼びかけに苦情殺到 府に1日で450件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです