特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

「夏の甲子園」開催に多くの課題 地方大会見通したたず 取り巻く環境厳しさ増す

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
第101回全国高校野球選手権大会の開会式=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2019年8月6日、山崎一輝撮影
第101回全国高校野球選手権大会の開会式=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2019年8月6日、山崎一輝撮影

 「夏の甲子園」は開催できるのか――。今夏の第102回全国高校野球選手権大会(8月10日開幕)の代表校を選ぶ各地方大会が岐路に立たされている。日本高校野球連盟は5月20日に同選手権の運営委員会を開き、対応を協議する予定だが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で今夏予定していた高校スポーツ日本一を決める全国高校総合体育大会(インターハイ)が初の中止になるなど、高校スポーツを取り巻く環境は厳しさを増す。政府の緊急事態宣言延長で休校措置が長引く中、部活動さえ再開できない学校もあり、大会開催には多くの課題が残されている。【藤田健志、安田光高】

この記事は有料記事です。

残り2424文字(全文2693文字)

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る