特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

チャージ!

必死の生還、格別の味 登山家・竹内洋岳 シェルパシチュー

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
シェルパシチューを食べる竹内洋岳=2020年5月7日午前11時58分、ハニーコミュニケーションズ提供 拡大
シェルパシチューを食べる竹内洋岳=2020年5月7日午前11時58分、ハニーコミュニケーションズ提供

 ネパールのシェルパたちにとってシチューは非常に一般的な料理で、すいとんに近いです。肉は、ヤク(牛の仲間)や、水牛を使うことが多く、乾燥させて保管した肉を使うので風味も出ます。ヒマラヤ遠征の時は必ず食べますね。

竹内が作ったシェルパシチュー。青菜にはチンゲンサイを使用。ネパールで入手したランチョンマットを敷いて=2020年5月7日、ハニーコミュニケーションズ提供 拡大
竹内が作ったシェルパシチュー。青菜にはチンゲンサイを使用。ネパールで入手したランチョンマットを敷いて=2020年5月7日、ハニーコミュニケーションズ提供

 自宅で作る場合は、わざわざ食材を買いそろえず、あり合わせでいいと思います。今回は現地でも宗教を問わず食べられ、最もポピュラーな鶏肉を使いましたが、牛でも豚でもOK。ニンニクと野菜、肉を鍋で炒めてから水を張り、煮立ったら小麦粉を練った団子を入れます。味付けは塩コショウをベースに、カレー粉を加えれば現地風に。団子が少し溶けてスープにとろみが出れば完成ですね。とにかく材料を無駄にしないことが大事です。

竹内がヒマラヤで食べたシェルパシチュー=ネパール・ルクラで2009年4月、ハニーコミュニケーションズ提供 拡大
竹内がヒマラヤで食べたシェルパシチュー=ネパール・ルクラで2009年4月、ハニーコミュニケーションズ提供

14座登頂祝い食べられず 翌朝のシチューこそ至高

 2012年5月、ダウラギリ(8167メートル)から下山した後のシェルパシチューは格別でした。疲労で行動が遅れ、途中のビバーク(緊急露営)も含め、ベースキャンプ(約5000メートル)に戻るまで36時間もかかりました。戻ったのは夜8時ごろ。コックたちはケーキを焼き、たくさんの日本料理を用意して8000メートル峰14座登頂をお祝いしてくれたのですが、疲労困憊(こんぱい)であまり食べられませんでした。

 翌朝注文したのがおかゆ、次がシェルパシチューでした。彼らは「そんなものでいいのか」という反応でしたが、温かく、軟らかく煮てあって体に優しい。ジャガイモ、タマネギ、すいとんが入った普段通りのスープ。カレー風味が食欲をそそりました。

 今年は植村直己と松浦輝夫が日本人初のエベレスト登頂を達成して50年です。本当は登頂日の5月11日に合わせて私も登頂する計画を立てていたのですが、コロナでかなわなくなりました。代わりに、公式サイトで「妄想エベレスト登山」(https://honeycom.co.jp/hirotaka-takeuchi/delusion-everest/)を実施中です。過去に撮りためた写真を交え、キャンプ地での高度順応や食事の様子を紹介しています。5月11日に「登頂」予定です。【構成・伝田賢史】

ネパールの未踏峰、マランフラン(6573メートル)に挑む竹内洋岳=標高約6000メートル付近で2016年10月12日、ハニーコミュニケーションズ提供 拡大
ネパールの未踏峰、マランフラン(6573メートル)に挑む竹内洋岳=標高約6000メートル付近で2016年10月12日、ハニーコミュニケーションズ提供

 アスリートたちはどんな本に影響を受け、どんな料理で力を蓄えてきたのか。新型コロナウイルスの感染拡大で在宅生活が長引く中で、それぞれの「チャージ(充電)」方法を聞いた。=随時掲載

たけうち・ひろたか

 日本人初(世界29人目)の8000メートル峰全14座に登頂。立正大客員教授、ハニーコミュニケーションズ所属。東京都出身、49歳。

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集