メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#おうち時間@三重

簡単においしいおにぎり 「だしとおにぎり一汁一飯」オーナー・日下部卓也さん /三重

 おにぎりやだしが楽しめる飲食店「だしとおにぎり一汁一飯」(津市久居新町)のオーナー、日下部卓也さん(34)が親子で簡単に作れるおいしいおにぎりを教えてくれた。「お店の味に近づけるための簡単なご飯の炊き方も一緒に教えます。ぜひ親子で作って楽しんでみて」と話している。【森田采花】

 「おいしいおにぎりの始まりは、まず米を洗うところから」。日下部さんによると、うまみを残すため米を洗い過ぎないようにすることがポイント。「米の洗いは全部で3回程度。初回はとにかくさっと手で混ぜるだけで、すぐに水は捨てて。2~3回目も長時間洗わずに、軽く数回混ぜる程度で終えると良い」という。

 炊く直前にもひと工夫。ご飯の理想は外はしっかり、中はふんわりした「外硬内柔」。米粒の一つ一つが立ち、冷めても甘みをしっかり感じることができる。「外硬内柔」のご飯を炊くポイントは米が水を吸うスピードを遅くすること。日下部さんは「適量の水を炊飯器に入れたら、氷を2~3個入れて30分~1時間置いておく。後はいつも通り炊くだけでお店の味に近づく」。自身で何度も試した結果だという。

この記事は有料記事です。

残り922文字(全文1394文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 4800万円脱税罪、人材派遣会社を起訴 横浜地検 売り上げ6億円申告せず

  2. 神奈川・逗子斜面崩落 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです