メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

稚アユ600キロを放流 由良川漁協、綾部市内5カ所で /京都

由良川に稚アユを放流する組合員たち=綾部市下原町で、佐藤孝治撮影

 アユ釣りシーズンを控え、由良川漁協は8日、管内の河川で稚アユの放流を始めた。6月1日の釣り解禁までに、支流を含め各地で計3050キロを放流する。

 初日は綾部市内の由良川本流5カ所から、琵琶湖産の稚アユ600キロを放流。組合員たちがバケツとホースを使って放つと、稚アユは深みに向かって勢いよく泳いでい…

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文287文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  2. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  3. 注目裁判・話題の会見 名前すら聞かれなかった女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

  4. アート作品? 米ユタ州の砂漠で謎の金属柱発見 臆測が飛び交う

  5. 注目裁判・話題の会見 「保健室の先生に…」夢絶たれた女子高生 座間9人殺害10月28、29日公判詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです