メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山陰・撮っておき

益田市 宮ケ島・衣毘須神社 魁夷を魅了した絶景 /島根

エメラルド色の海に浮かぶ衣毘須神社=島根県益田市小浜町で2020年4月26日午前11時27分、竹内之浩撮影

 益田市小浜町の小浜海岸から突き出た岩礁「宮ケ島」に建つ衣毘須(えびす)神社。海がしけた時には砂浜の参道が水没し、渡れなくなることからフランスの世界遺産になぞらえて「山陰のモンサンミシェル」とも呼ばれる。1867年にこの地に遷宮され、1893年に社殿が再建されたと伝わる。主祭神は豊漁と海の安全守護の…

この記事は有料記事です。

残り168文字(全文318文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  4. オリックス山崎福 「緩急はまった」充実の3勝目 好けん制にも助けられ

  5. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです