メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤江の穴場も網羅 歴史紹介、散策マップ完成 福山 /広島

福山市藤江町の歴史や史跡を紹介するマップ「藤江ふるさと探訪」=2020年5月7日午後5時19分、藤田宰司撮影

 福山市藤江町の歴史を紹介するマップ「藤江ふるさと探訪」が完成した。三つ折りのA4判。社寺やほこら、石碑などを地図上に示し、散策ルート3コースなども掲載した。

 藤江地区は市西部の松永湾に面し、かつてはイグサが盛んに栽培され、畳表の生産で栄えた。地区内には住民らが守ってきた史跡が数多く残っており、藤江公民館はこれらを訪ねるウオーキング大会を毎年11月に開催するなど、歴史を伝える活動を続けている。

 これまで、地区の歴史を学ぶのに役立つ手ごろなパンフレット類がなかったことから、藤江学区まちづくり推進委員会がマップづくりを企画。藤江公民館の前館長、杉原榮さんが撮りためた写真や収集してきた資料を提供してもらうなどし、約1年かけて完成させた。

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文580文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 「次期総裁は岸田氏か石破氏」 小泉純一郎元首相と山崎拓氏が一致

  5. 靖国参拝の小泉進次郎氏「大臣になってもちゅうちょなかった」 4閣僚が参拝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです