メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この人!

ヒメダイヤと歩み35年 入舩徹男さん(65)=松山市 /愛媛

ヒメダイヤを手に。「とにかく実験室で手を動かして実験を重ねよう。それが科学の発展につながる」と若手に説く=松山市文京町の愛媛大で2016年1月21日、松倉展人撮影

 天然ダイヤモンドをしのぐ世界一硬い物質「ヒメダイヤ」(ナノ結晶ダイヤモンド)の合成に成功した愛媛大地球深部ダイナミクス研究センター。研究の成果がこのほど、高圧科学の国際学術誌「High Pressure Research」で特集された。センター長として研究を率いた入舩徹男・特別栄誉教授(65)自身もヒメダイヤ合成の歴史をつづっている。

 「『失敗』に端を発し、気になったことを解明しようと、学生と長年こつこつやってきたことが実を結んだ」と、ヒメダイヤと歩んだ35年を語る。

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文838文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  4. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  5. ORICON NEWS 舞台『アクタージュ act-age ~銀河鉄道の夜~』上演中止を発表 ヒロイン役オーディションも取り止め

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです