新型コロナ 八幡西・白石書店、ユーチューブで読み聞かせ公開 再生2.3万回 /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い図書館の臨時休館や保育所などの登園自粛が続く中、八幡西区の「白石書店」が動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開した絵本の読み聞かせ動画が注目を集めている。6日までの期間限定の取り組みとして始め、公開した動画20本の再生回数は延べ約2万3500回(6日現在)に上った。新たに賛同する著作権者や出版社も加わり、期間を31日まで延長する。

 福岡市の出版社「梓書院」の絵本「チャドとクラークのぼうけん島」など、同店の児童書担当者が選んだ作品をフリーアナウンサーらがボランティアで朗読。録音の音声に合わせ、ページをめくる様子をスマートフォンで撮影し、編集している。

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文638文字)

あわせて読みたい

注目の特集