メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代超え作品は残る、愛される人形を よみがえった郷土玩具 復元40年、人形作家・宮脇さん /大分

宮脇さんが制作した郷土玩具や人形たち

 紅白の福獅子に、鮮やかな配色のみくじ鳩、鈴が入った魔除(まよ)けのおんま――。どれもが県に由来や伝承がある郷土玩具だ。手がけたのは、別府市の人形作家、宮脇弘至さん(67)。戦前に廃れた郷土玩具を復元して約40年になる。「自分が死んでも作品は残る。愛される人形を作りたい」。たった一人で今日も工房の釜に火を入れる。【河慧琳】

 宮脇さんがつくるのは、古くから伝わる大分ゆかりの玩具だ。欧米からブリキやプラスチック製の安価な玩具が流入し、廃れてしまった郷土の玩具をよみがえらせている。

この記事は有料記事です。

残り716文字(全文956文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  2. 「このままでは核兵器はなくならない」 ジャパネット創業者が「伝える」核廃絶と平和

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 風知草 鬼滅ブームと菅伝説=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです