メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ・緊急事態

募る不安、よぎる死 生活苦、自殺相談急増

IT会社経営の40代女性がパソコンに保存しているメモ=東京都で2020年4月25日午後6時45分、最上和喜撮影(画像の一部を加工しています)

 新型コロナウイルスの感染拡大で、自殺相談を受ける団体に電話が相次いでいる。「収入が減り生活が立ちゆかない」「人と会う機会が減り孤独を感じる」といった不安から自殺を考える人が多いという。この団体の職員は「緊急事態宣言が延長され、さらに自殺を考える人が増える可能性がある。1人で抱え込まず、心の内を打ち明けてほしい」と呼びかける。

 「子どもらと心中することさえ考えた」。東京都の40代女性は、経営するIT系企業の業績が悪化し、3月下旬ごろから自殺を考え始めた。

この記事は有料記事です。

残り1486文字(全文1715文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック中止を申し入れ 共産都議団「コロナ対策に集中を」

  2. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです