メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ感染者の葬儀、どう向き合う? 2次感染の恐怖と闘う業者の苦悩

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、間隔を空けておかれた葬儀会場の椅子=大阪市北区天神橋4の「公益社 天神橋会館」で2020年4月3日午後2時15分、柳澤一男撮影

 新型コロナウイルスという「見えない敵」と最前線で向き合っているのは医療従事者ばかりではない。亡くなった感染者の葬儀を取り仕切る葬儀業者もまた、2次感染の恐怖と闘いながら、「最後の別れをしたい」という遺族に寄り添おうと苦悩の日々を送っている。

 「ついに来たか」。3月中旬、新型コロナウイルスに感染して亡くなった高齢者の遺族から、葬儀会社「公益社」の関西の営業所に電話が入った。「引き受けていただけるでしょうか」。感染者の葬儀を担当するのは初めて。対応したセレモニーサービス部の山田雅史マネジャーは独自に準備したチャート図に沿って葬儀の流れを説明し、遺族の同意を得た。

 このチャート図は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2月に作成した。遺体との接触で遺族や従業員が感染する可能性を防ぐのが目的。大きな特徴は葬儀の前に火葬をすることだ。

 感染者が亡くなった場合、血液などを通さない非透過性の納体袋に遺体を収容してから、ひつぎに納める。さらにひつぎの縁…

この記事は有料記事です。

残り1032文字(全文1457文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  3. 4万人までの1万人増は9日間で 初感染者から1万人と比べペース10倍に

  4. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  5. PCR陰性の20代を誤って陽性者の宿泊施設に 福岡市が陳謝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです