特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナで売り上げ減少、北海道の花農家 「母の日月間」に期待

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「おかあさんありがとう」と記した横断幕の下で、作業する「花よし生花店」社長の吉田正範さん=2020年5月8日午後4時6分、平山公崇撮影
「おかあさんありがとう」と記した横断幕の下で、作業する「花よし生花店」社長の吉田正範さん=2020年5月8日午後4時6分、平山公崇撮影

 新型コロナウイルスの影響で売上高が減少する中、北海道の花の生産者や小売店は10日の「母の日」商戦に期待を寄せる。今月いっぱいを母の日にしようとする動きも出ており、生花に携わる人々を後押ししている。【平山公崇】

 「1本100円程度だったのが、今は50円ほど」。JAむかわの「鵡川(むかわ)花き生産組合」の松並恵一組合長は、全道一の出荷量を誇るアルストロメリアの卸値が半減したと嘆く。

 むかわ町は涼しい気候と日照時間の長さに加え、積雪が少ないことや火山灰系の土質が花の栽培に適しており、昨年の販売は約2億5500万円。花束やフラワーアレンジに人気のアルストロメリアは道内や首都圏などにも出荷し、母の日の贈り物の定番であるカーネーションは東京や大阪、名古屋など全国各地に卸している。

この記事は有料記事です。

残り738文字(全文1077文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集