メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高級イチゴ「古都華」使用ビール発売へ 「利益考えずロマン重視」 奈良

新たなエールの原料となる「古都華」を萩原さん(右)から受け取る市橋さん=奈良市東寺林町で2020年5月6日午後2時50分、稲生陽撮影

 奈良市のならまち中心部にあるビール醸造所「ゴールデンラビットビール」で、県内特産のブランドイチゴ「古都華(ことか)」を使ったクラフトビール造りが始まった。6月中旬に、同市の酒卸業者「泉屋」(今西栄策社長)が「ならのあわ・すとろべりー」として限定発売する。

 県内醸造のビールに高価な古都華を使うのは初めてといい、醸造所やイチゴ生産者らは「今回は利益をほとんど考えず、ひたすらロマンを追い求めた。イチゴの風味がはっきり分かるお酒になれば」と意気込んでいる。

 県内では1950年代からビニールハウスでのイチゴ栽培が広まり、かつては全国有数の産地だったが、近年は低迷。起爆剤として2011年に県内限定で栽培が始まった古都華も病気に弱く、収穫量が少ないことから当初はあまり作りたがる生産者がいなかったという。今回協力した生産者「萩原いちご農園」(奈良市)の萩原健司さん(38)は「栽培の難しいイチゴだが特徴的なのはその甘さ。喜んでくれる人が多いので栽培し続けてき…

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文839文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相の被爆地あいさつ「文面が酷似」と怒りの声 官邸HP掲載の全文と同じ構成・表現

  2. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  3. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  4. 悼む 拉致被害者・横田めぐみさんの父 横田滋さん=6月5日死去・87歳

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです