特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

緊急事態宣言延長後初の週末 関西で一部美術館再開 少しずつ人出戻る 

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
再開後初めての週末を迎えた和歌山県立近代美術館=和歌山市で2020年5月9日午前10時10分、久保玲撮影
再開後初めての週末を迎えた和歌山県立近代美術館=和歌山市で2020年5月9日午前10時10分、久保玲撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が延長されてから初の週末となった9日。関西では休業要請が緩和された一部の地域で美術館などが再開され、心待ちにしていた美術ファンらが足を運んだ。公園や繁華街にも少しずつ人出が戻り始めたが、飲食店の関係者からは「にぎわいにはほど遠い」との声も上がった。

 大阪市東住吉区の長居公園ではこの日朝から、多くの家族連れやランナーらが集まった。感染拡大防止のため、大型連休中は公園の駐車場が閉鎖されていたが、7日以降は利用できるようになっていた。

 「密集を避けるようにして走っています」。趣味のランニングで訪れた女性会社員(59)はTシャツの生地で作ったというマスクを着け、流れる汗をぬぐった。「暑くなってきたので、マスクはつらい。感染防止のため、ランナー仲間で集まれないのも寂しい」とため息をついた。

この記事は有料記事です。

残り1087文字(全文1455文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集