メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

VOICES

“コロナ後”の音楽界に危機感 ライブハウス支援にミュージシャン団結

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で休業し、資金繰りが苦しくなっている全国のライブハウスを支援するプロジェクト「MUSIC UNITES AGAINST COVID-19」を始めたロックバンド「toe」のギタリスト、山嵜廣和さん(45)が毎日新聞のオンラインインタビューに応じた。特設サイトを通じ、利用者が「支援したい店」と「金額」を選んで楽曲フォルダーへのアクセス権を購入すると、決済手数料以外の全額がその店の収入となる仕組み。山嵜さんは「少しでも手元に資金を渡せばお店に安心感を与えられる」と期待を寄せる一方、「曲を作って人前で演奏するという表現方法自体、根本的に変えなければならなくなるかもしれない」と“コロナ後”の音楽界の行方に強い危機感を示した。

 ライブによる収入がゼロになった多くの店が、オリジナルグッズの通販やインターネットでのライブ配信などで個々に活路を見いだそうとする中、山嵜さんは「もっと広く横断的にライブハウスを支援できるような仕組みを作りたい」と知人のIT業者などに協力を求め、特設サイト(https://savelivehouse.com/)を開設。プロジェクト名に「UNITES(団結)」の思いを込めた。toeの呼び掛けにCha…

この記事は有料記事です。

残り552文字(全文1080文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  3. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 大学爆破予告容疑で阪大院生を再逮捕 「恒心教」名乗り繰り返す? 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです