メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手探り軽症者ホテル療養 足りない物資 嫌われる閉鎖空間 家庭内感染防げるか

軽症者らを受け入れる品川プリンスホテルのイーストタワー=東京都品川区で2020年4月16日午後6時7分、林田奈々撮影

 新型コロナウイルスの感染者は、その8割以上を軽症者や無症状者が占める。だが、病院にそれだけの患者を受け入れる余力はもはやない。国は、重症者に優先的にベッドを回すため、軽症・無症状者には原則として宿泊施設での療養を求めるが、前例のない事態に現場は手探りが続く。

 「詳しいマニュアルがあるわけではない。やり方をゼロから作っている。体調が急変する患者もいて、油断できない」

 軽症者を受け入れるため、853室が用意された大阪市西区のビジネスホテル。取材に応じた看護師の男性(28)は緊迫するホテル内の様子をそう明かした。

この記事は有料記事です。

残り2928文字(全文3185文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 「首相、今井、佐伯で決めていたやり方がらっと変わる」 キャリア官僚の本音 菅政権で沈む省庁

  4. SNSで横行する住所「特定屋」 その手法とは… ストーカー事件など犯罪に悪用も

  5. 「俺はつくる。ぶち壊すのは河野氏」 菅首相の「破壊者」登用、麻生氏と利害一致

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです