メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本人との「壁」克服へ インドネシア人の親睦団体「東北家族」 実習生の孤立化、失踪防ぐ /宮城

インドネシア人向けのイベントを企画する「東北家族」のイスワユディさん(右)ら=仙台市青葉区で

 東日本大震災後に人口が減少した被災地で、外国人技能実習生が復興する地域の貴重な働き手となっている。異国で不安を抱えながら働く人たちを支えようと、インドネシア人の親睦団体「東北家族(クルアルガ・トーホク)」は、東北に住む技能実習生らをつなぎ、日本でも「家族」をつくる後押しをしている。【藤田花】

 「日本人は話すのが早い。日本語が分からない時、怒られたら、悲しい気持ちになる」。石巻市で暮らす20代のインドネシア人技能実習生の女性は、たどたどしい日本語で懸命に気持ちを吐露した。

 2019年12月に来日し、食品加工会社の工場で実習する。毎週月曜から土曜まで働き、報酬は月約15万円。家賃や水道光熱費などを差し引くと、手元に残るのは9万円ほどで、うち7万円を母国の家族に仕送りする。「将来はインドネシアで家や車、田んぼを買いたい」と目標を語るが、日本語が壁となり、不安な日々を送っている。

この記事は有料記事です。

残り993文字(全文1385文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  4. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです