メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 館林市、オンライン学習開始 小学4年生以上 民間サービス利用 /群馬

 館林市は今月1日から、新型コロナウイルス感染拡大で休校が続く市立小中学校の児童生徒に、家庭のパソコンやスマートフォンで受講できる民間のオンライン学習サービスの利用を開始した。対象は小学校4年生以上で、小学生は国語・算数・理科・社会の4教科、中学生は国語・数学・理科・社会・英語の5教科。県内公立学校での民間学習サービス利用は、伊勢崎清明、高崎北、桐生市立商業の3高校で実施しているが、小中学校での導入は初めて。

 館林市が導入するサービスは、情報サービス業「リクルート・マーケティング・パートナーズ」が提供する「スタディサプリ」。児童生徒がパソコンやスマホで講師の授業動画を視聴し、学習ドリルに取り組む。館林市では、担任や学科担当教師が視聴する動画を指示し、宿題も配信する形で個別の状況を把握していくという。

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑執行、被害者遺族へ通知 21日から法務省 希望者が対象

  2. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  4. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  5. 全国の「森進一」に成り済まし給付金詐取 同姓同名の被告、起訴内容認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです