新型コロナ 館林市、オンライン学習開始 小学4年生以上 民間サービス利用 /群馬

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 館林市は今月1日から、新型コロナウイルス感染拡大で休校が続く市立小中学校の児童生徒に、家庭のパソコンやスマートフォンで受講できる民間のオンライン学習サービスの利用を開始した。対象は小学校4年生以上で、小学生は国語・算数・理科・社会の4教科、中学生は国語・数学・理科・社会・英語の5教科。県内公立学校での民間学習サービス利用は、伊勢崎清明、高崎北、桐生市立商業の3高校で実施しているが、小中学校での導入は初めて。

 館林市が導入するサービスは、情報サービス業「リクルート・マーケティング・パートナーズ」が提供する「スタディサプリ」。児童生徒がパソコンやスマホで講師の授業動画を視聴し、学習ドリルに取り組む。館林市では、担任や学科担当教師が視聴する動画を指示し、宿題も配信する形で個別の状況を把握していくという。

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文679文字)

あわせて読みたい

注目の特集