メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと・しずおか

「変わり種」で地域おこし アマビエこいのぼりを制作・窪野岳さん(49) /静岡

窪野岳さん

 「疫病が流行した際は、私の姿を描いた絵を人々に見せよ」と告げ、疫病を封じたと伝わる妖怪アマビエ。この春、妖怪をかたどったアマビエこいのぼりをつくったオフィスグルーの社長を務める。

 「毎年、いろいろなこいのぼりをつくっています。新型コロナウイルスの感染が広がる中、SNSでアマビエを知りました。半人半魚で魚っぽい。こいのぼりにして『沼津こいのぼりフェスティバル』で狩野川などで掲げれば『明るい話題になる』と考えました」。ところが、フェスティバルは中止。アマビエこいのぼりは寺に奉納された。

 社長を務めるオフィスグルーはウェブサイトや看板、印刷物の制作をする企画会社。印刷会社やウェブサイトの制作会社に勤めていた窪野さんが創業し、2006年に株式会社に移行した。「変わり種こいのぼり」も宣伝媒体の制作の一環で、実は事業の延長線上にある。

この記事は有料記事です。

残り724文字(全文1091文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  3. 山形市の「初市」 位置情報使い、来場者常時5000人に制限 LINEで通知も

  4. クローズアップ GoToトラベル自粛要請 政府と都、急転決着 押しつけ合いの末

  5. 新型コロナ 全国最多4990人、届かぬ支援 自宅療養、不安だらけ 単身者の食事、買い出し行くしか…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです