メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナに負けない!

試される思いやり 映画監督 大森研一さん(44) /愛媛

自宅での過ごし方の一つとして、DIYがオススメという=2020「未来へのかたち」製作委員会提供

 (随時掲載)

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、6月に公開が予定されていた砥部町を舞台にした映画「未来へのかたち」の延期が決まりました。試写会なども予定していましたが、今後もどうなるか不透明なためストップしている状態です。

 映画は、私の地元の砥部町で2019年9月にオールロケをしました。砥部焼を作る窯元の家族がオリンピックの聖火台を制作していく中で、バラバラになっていた絆が一つになっていく物語となっています。今のコロナの部分にも重なる部分が、家族との絆です。作中では家を飛び出した兄が戻ってきて家族と心を一つにするという場面が出てくるのですが、今はまさにステイホーム。普段はあまり一緒にいることのできない家族が長い時間を共有して、いつもなら話さないような…

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文832文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 被害者に落ち度はない 性暴力撲滅のための教育を

  2. メルケルの歩み サウナバッグを手に「壁」越えた日 物静かな優等生35歳の転身

  3. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  4. 立憲、2人の重鎮に注目 小沢氏「思い切った政策を」 中村氏「野党連携に注力」

  5. 立憲 最高顧問に菅直人、野田佳彦両元首相 小沢一郎氏らは固辞

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです