メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

崩れる医療・新型コロナ

軽症者ホテル、9割空室 制約多く敬遠 7都府県 感染症に詳しい富山県衛生研究所の大石和徳所長の話

 ホテルなどでの宿泊療養は、施設内に医師や看護師がおり、医療器具も用意されていることから、患者の病状のモニタリングがしやすい。自宅療養中に体調が急変して亡くなる人もおり、自治体は患者に対して宿泊療養の意義を丁寧に説明し、施設の利用を進めていかなければならない。新規の患者数は全国的に減少傾向にあるが、…

この記事は有料記事です。

残り71文字(全文221文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  2. 警官訪問後、容疑者飛び降り死亡 盗撮容疑、自宅の20階から 警視庁

  3. 観光客の救急搬送当面取りやめ 香川の離島・豊島 消防団「島民守れなくなる」

  4. ORICON NEWS キンプリ 新アルバム『L&』アートワーク&収録曲一挙公開 メンバープロデュース曲名も

  5. 奈良の感染者の26% コーヒーの香り、カレーの味分からず 発熱から数日後

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです