連載

崩れる医療・新型コロナ

新型コロナウイルスの感染拡大は収束の兆しが見えず、各地で院内感染も相次ぐ。崩壊の危機に直面する医療の現状を報告する。

連載一覧

崩れる医療・新型コロナ

軽症者ホテル、9割空室 制約多く敬遠 7都府県

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスに感染した軽症・無症状の患者の療養先となるホテルや宿泊施設の受け入れについて、緊急事態宣言が最初に出た7都府県に毎日新聞が取材したところ、全体の空室率は9割以上に達していた。施設を利用した「宿泊療養」は体調の急変に即応できるなどの利点も多いが、生活の変化を避ける患者は自宅療養を選びがちなため、自治体も頭を悩ませている。

 宿泊療養の施設は、感染者の急増で病床数が逼迫(ひっぱく)したため、患者の8割を占める軽症・無症状者を受け入れ、医療機関の負担を軽減する目的で設けられた。

この記事は有料記事です。

残り1050文字(全文1297文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集