メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の見方

感染防止、封鎖から隔離に セルジオ・レベロ 米ノースウエスタン大ケロッグ経営大学院教授

 新型コロナウイルスの世界的な大流行(パンデミック)が緩和の兆しを示すなか、今後の感染防止策はロックダウン(都市封鎖)など強力な措置から、より対象を絞った「スマートな封じ込め」に移行すべきだ。

 スマートな封じ込めとは、広範囲にわたる感染検査を行い、無症状や軽症を含めた感染者を大衆から隔離する手法だ。検査と隔離を組み合わせることで公衆の感染リスクが軽減され、より多くの人々が仕事に戻り、買い物などの外出を再開できるようになる。ノースウエスタン大とベルリン自由大の共同研究では、スマートな封じ込めを実施すれば、感染による致死率を人口の0・1%に抑えると同時に、流行に伴う経済的損害を大幅に軽減できることが示された。

 新型コロナの流行後、米国では人口の90%以上が外出規制の対象となった。無症状や軽症の感染者が外出すれば、感染者が増加するリスクがあるため、政府主導の厳しい措置が必要だった。しかし、こうした措置は航空、接客サービス、観光業、中小企業の経営に壊滅的な影響を与え、2020年4~6月期の米経済成長率はマイナス25%超まで落ち込むと予測されている。米政府は巨額の財政出動でダメージの緩和を図っているが、政府…

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文923文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長崎・佐世保の小6同級生殺害 「大丈夫」は大丈夫じゃない 妹を殺された兄、川崎医療福祉大で講演 /岡山

  2. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  3. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  4. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  5. 講演 被害者は家族にも話せぬことある 佐世保・小6同級生殺害事件を取材、毎日新聞・川名記者 /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです