メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

サンスター 太陽や星のように

 口腔(こうくう)ケア製品が主力のサンスター。1946年に歯磨き剤を初めて発売した際、「朝の太陽(サン)、夜の星(スター)と共に歯を磨いて健康に」との願いを、商品名に込めた。社名になったのはその4年後だ。

 同社は32年、自転車部品や自転車タイヤのパンク修理用ゴムのりを製造する「金田兄弟商会」として始まった。特に金属チューブ入りのゴムのりは、手のひらサイズで扱いやすく、ヒット商品に。しかし、次第に缶入りゴムのりが人気となり、金属チューブ製造設備の新たな活用を検討。当時の歯磨き剤…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文602文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  4. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです