メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

サンスター 太陽や星のように

 口腔(こうくう)ケア製品が主力のサンスター。1946年に歯磨き剤を初めて発売した際、「朝の太陽(サン)、夜の星(スター)と共に歯を磨いて健康に」との願いを、商品名に込めた。社名になったのはその4年後だ。

 同社は32年、自転車部品や自転車タイヤのパンク修理用ゴムのりを製造する「金田兄弟商会」として始まった。特に金属チューブ入りのゴムのりは、手のひらサイズで扱いやすく、ヒット商品に。しかし、次第に缶入りゴムのりが人気となり、金属チューブ製造設備の新たな活用を検討。当時の歯磨き剤…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文602文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  2. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

  5. 夜通しパーティーやカラオケ…看護師3人感染 患者2人も 奈良、拡大恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです