メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読みトク!経済

サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 産油国の「協調減産」で価格は?=回答・横山三加子

 なるほドリーマン君 原油を生産する国が「協調減産」を始めたと聞いたよ。どういう意味なの?

 記者 新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、世界の人々が活動を控えていますね。飛行機や自動車での移動、工場の生産などが減った結果、燃料となる原油の需要が激減して原油価格が急落しました。原油を輸入する日本の私たちにとってはガソリンや電気代が安くなるので朗報ですが、原油収入で国家財政を支えている産油国にとっては大問題です。

 そこで、サウジアラビアを中心とした石油輸出国機構(OPEC)に、ロシアなどOPEC以外の産油国が加わった「OPECプラス」が、価格を押し上げようと5月1日から足並みをそろえて生産を減らしています。これが協調減産です。減産量は1日当たり970万バレル。OPECプラスに入っていない米国やカナダなども協力し、減産量全体では世界需要の1割超にあたる過去最大の1500万バレル規模に達するとみられます。

この記事は有料記事です。

残り1508文字(全文1914文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  4. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです