メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今よみがえる森鴎外

/14 まなざしは時代を超えて 「惑乱」の外から=作家・町田康

静かなたたずまいの森鴎外旧居。鴎外はここで約1年半暮らした=北九州市小倉北区で2010年9月、米本浩二撮影

 <文化の森 Bunka no mori>

 熟ゝ(つらつら)思うのは、自分はゴミカスだ。と云(い)うことで、なぜかというと物書きの看板を上げてもう二十年にもなるのに森鷗外にちゃんと向き合ってこなかったからである。なめているのか。いや、なめてはいなかった。これからも物書き渡世を続けるなら、続けたいならば、やはりきちんと森鷗外に向き合っていかないとダメだ、と思った。

 そう思った私は平成二十九(二〇一七)年一月、小倉に向かった。

この記事は有料記事です。

残り1831文字(全文2044文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

  3. 失業給付の増額を 困っている人を助けるのが政治の使命

  4. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  5. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです