メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

返礼品価格、安く申告 ふるさと納税巡り 高知・奈半利町

 ふるさと納税の新制度への参加の可否を判断する国の審査を巡り、高知県奈半利(なはり)町が2019年4月、返礼品の調達価格を安く見せかける虚偽の申請書類を国に提出していたことが判明した。同町の竹崎和伸町長は9日、毎日新聞の取材に担当職員による不正を認めた上で、自身も書類の提出時から把握していたことを明らかにした。

 竹崎町長は地方創生課の元課長補佐、柏木雄太被告(41)が担当だったと説明。被告は返礼品選定を巡って業者から賄賂を受け取ったとして受託収賄罪で起訴され、現在は休職している。

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文530文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア界のサラブレッド躍動 新王者・鍵山 羽生以来の17歳 NHK杯

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  4. 航空石川建材廃棄訴訟 学園側「請求棄却を」 業者に反論 地裁 /石川

  5. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです